効果的なAGA改善方法

AGAは進行する病気です。病気なので年齢に関係なく起きるものです。加齢によって起きる薄毛というのはAGAの治療薬では改善することは難しいのですが、若年性のAGAであるのならばきちんと対応をすることで、改善することが見込めます。

初期のAGAならばプロペシアというAGA治療薬を服用し続けることで、進行を遅らせることが出来ます。つまり、現状維持が可能です。しかし、進行してしまったAGA治療薬ですとAGAの専門医が配合する個人個人によって異なる成分の薬をプロペシアとあわせて服用しなければなりません。

AGAの初期の初期、もしくはAGA予防のためには、プロペシアを飲む必要はなく、日本では大正製薬が販売しているミノキシジル配合の外用発毛剤の使用とサプリメントの服用で髪の毛が薄くなるのを防ぐことが出来ます。AGAが少し進行して、生え際の減退を感じた場合は、AGA専門のクリニックか一般病院にてAGA治療薬の処方箋をもらい、それと合わせてミノキシジルの使用が理想的です。

2010年の日本皮膚科学会の発表した、薄毛治療ガイドラインにおいて、AGA治療であるプロペシアとミノキシジルをあわせて使用することが効果的であるとしています。ミノキシジルで現在の髪の毛を抜けにくくすると同時に、血行を改善させて髪の毛へ栄養を与え元気な髪の毛が生えるようにします。

そして、プロペシアを服用することで、男性ホルモンと結合して脱毛を促す酵素であるジヒドロテストステロンを生む酵素である5αリダクダーゼⅡ型を抑制します。その結果、脱毛を促す酵素であるジヒドロテストステロンの量が少なくなり健康な髪の毛が生えてくるようになります。さらに、生活習慣を見直すことにより、ミノキシジルに頼らないで済む血液の流れを手に入れることが出来ます。

まず、真っ先におこなうべきことは血管収縮させる成分が含まれるタバコの喫煙習慣の改善があります。さらに、食生活の改善です。食生活に関しては極端なダイエットによるタンパク質不足、もしくは偏った食生活によるビタミンや必須アミノ酸である亜鉛の不足を解消することです。食事によって摂取するのが難しい場合、サプリメントにて摂取することで、これらの栄養問題を解決することが出来ます。

最期に、運動による心肺機能の強化もAGA改善には効果的です。激しい運動をする必要はなく、ウォーキングなどの激しすぎない運動をすることで、心肺機能が強化されるほか、血流の流れがアップします。つまり、健康的な生活習慣を送り、5αリダクダーゼを阻害するプロペシアを服用することで、深刻なAGAとなりにくくなります。