育毛剤の設計思想

人間の体はいくつもの細胞によって構成されています。その細胞には栄養と酸素が届けられなければ、死滅してしまいます。では、酸素と栄養を送るものはなにか、といえば血液です。人間は血液を循環させることで、体中に酸素と栄養を与えているのです。

育毛剤として使用されるミノキシジルは、この人間の働きを利用して抜け毛を予防してAGAとならないようにするために現在は使用されています。ミノキシジルに限らず、育毛剤というのは似たような設計思想で作られています。

【育毛剤の設計思想】
まず、人間の体は酸素と栄養素がなければ細胞の元気がなくなり、最終的には死滅します。

もちろん髪の毛も同じです。タバコなどの喫煙習慣があり、運動不足で偏った食生活を送っている人の場合、毛細血管がニコチンによりつぶれてしまい、血液の粘度が高くなってドロドロとした粘着性の高い血液になります。このような血液は体の細い血管を通ることが出来ないので、髪の毛へ栄養を届けるための血管を詰まらせる可能性もあります。そのため、まずは喫煙習慣の改善、食生活の改善が必要です。

それと合わせて育毛剤使用して行きます。育毛剤ですが、ミノキシジルを例にしてあげればミノキシジルはもともと経口血圧降下剤として開発されました。つまり、血管を太く拡張することで血液の流れを良くするというものです。その副作用として多毛症が頻繁に起き、育毛剤として使用されるようになりました。

そのため、ミノキシジルを使用すれば頭の血管が太くなり、血流の流れが改善されて髪の毛の細胞へ栄養が行きわたりやすくなります。その結果として、コシとハリのある強く太い髪の毛となります。他の育毛剤の設計思想も同じで、アルコールやカプサイシンなどの血流を良くする成分が含まれた商品が多く出ています。ミノキシジルに関しては医学的な裏付けのある成分です。ちなみに、AGA治療薬としてのプロペシアは、異なった新しい設計思想で作られています。

【血流が抜け毛予防に効果的】
血液の循環をどれだけ良くするのかが、抜け毛予防、ひいてはAGA予防となります。そのためにはハード過ぎない毎日続けることのできる運動と規則正しい食生活です。また、喫煙習慣も止めることで健康な血管を得ることが出来ます。育毛剤の塗布と合わせてこれらの生活改善をおこなうのが効果的です。

【まとめ】
髪の毛が抜ける理由として、髪の毛へ栄養を運ぶ血液の循環が悪化している可能性があります。育毛剤を使用するのと合わせて生活習慣の改善が必要です。