食生活の改善でAGA予防!

AGAの原因は生活習慣にも大きく影響を受ける病気です。薄毛やハゲになる原因は男性ホルモンの異常、ストレス、生活習慣、遺伝などの4大要素があります。AGA治療薬は、男性ホルモンと5αリダクダーゼが結合しないように邪魔をするという極めて単純なものです。単純な効果なので、遺伝と男性ホルモンの分泌異常によるAGAには効果を発揮します。特に食生活の乱れはAGAの原因に密接に関わりがあります。

【食生活の乱れとは】
生活習慣の乱れとは、栄養バランスの取れていない食事があります。まず、栄養バランスの取れていない食事ですが、髪の毛の原料はタンパク質です。ダイエットなどでタンパク質の摂取を極端に制限してしまっては、生命維持にもタンパク質は必要なので生命維持に関係のない場所、つまり髪の毛などの生成を体は止めてしまうのです。

タンパク質とは肉や魚、そして大豆にしか含まれていません。肉や魚、卵の摂取を止めるカロリー制限ダイエットをする場合、動物性タンパク質が不足します。もし、肉や魚を食べないのであれば植物性タンパク質の含まれる大豆を多く食べる必要があります。

また、肉や魚ばかりを食べていても、今度はタンパク質を髪の毛へ作り替えるのに必要なビタミンなどが不足します。タンパク質があってもビタミンがなければ、髪の毛は作られません。ビタミンをサプリメントで摂取をして、野菜などを全く食べなければ、タンパク質とビタミンを髪の毛へ変える酵素が不足してしまいます。この酵素不足を治す場合、亜鉛の摂取が有効です。亜鉛は人間の体内にある300以上の酵素に働きかけ、働くのをサポートする必須アミノ酸の一つです。しかし、人間の体内では生成されないので、食事によって補うしかないのです。

理想的なのは、バランスのとれた食生活を送ることです。しかし、バランスのとれた食生活を送るというのは難しく、1日に必要な栄養を万遍なく摂取する場合、膨大な量の食事をすることになります。これは不可能です。出来たとしてもそのような食生活は長く続きません。サプリメントなどでこれらの栄養素を摂るというのが現実的な解決策となります。

【まとめ】
AGAの原因の中で、日本人が直面しているのは、食生活の乱れです。食生活の欧米化や時間がなくファーストフードやインスタント食品に頼ってしまっています。もし、食生活に不安があるのであれば、サプリメントを摂取して栄養の偏りを治すというのが理想的です。