AGAとはヘアサイクルの乱れが原因

男性がハゲる原因はAGAがほとんどだといわれています。AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。人間の体内でどのようなことが起きてAGAになるのか紹介をします。

【AGAのメカニズム】
AGAは5αリダクダーゼと男性ホルモンが結合することで、ジヒドロテストロンという成分を生み出します。このジヒドロテストステロンという脱毛を促す成分が生まれてAGAとなります。AGAになりますと、抜け毛の量が変わらないのですが、新しい髪の毛が生えてこなくなります。ヘアサイクルが乱れるのです。

つまり、髪の毛が抜けると新しい髪の毛が生えてきます。新しい髪の毛は成長とともに太くコシのある髪の毛になるのですが、ヘアサイクルが乱れますと太くコシのある髪の毛になる前に髪の毛が抜けるのです。そのようなヘアサイクルの乱れが前頭部と頭頂部を中心に起きていきます。そうするとどんなに髪の毛が濃かった人であっても、時間の経過とともに細くコシのない髪の毛の量が増えてきてしまい、薄毛になった、はげたとなるのです。

ヘアサイクルの乱れが長期間続くと、次第に毛根が髪の毛を育てることを放棄して休眠状態となります。そのため、完全にはげあがってしまい、新しい髪の毛も生えてこなくなるのです。休眠したての毛根は少しの刺激でまた活動を再開するのですが、そのまま放置していますと復活しにくくなり、毛根が死滅状態となります。

そのため、AGAの治療は毛根が死滅してしまった場合、薬を飲んだとしても毛根がありませんので、意味をなくしてしまいます。そのため、最後の手段として自毛植毛という道しかなくなってしまうのです。治療を放棄するのであれば、かつらという道もあります。

【AGA治療の効果】
AGA治療薬は5αリダクダーゼが男性ホルモンと結合するのを邪魔するものです。邪魔されてしまえばジヒドロテストステロンは生成されませんので、ヘアサイクルの乱れは治っていくのです。以前は男性ホルモンの方を少なくする治療法がありましたが、この方法では髪の毛の量は増えますが男性ホルモンが分泌されなくなるので、男性らしい生活が送れなくなります。

【まとめ】
AGAは、ジヒドロテストステロンという酵素によって、髪の毛が抜けやすくなることで発生する病気です。抜け毛が増えるのではなく、若い髪の毛が抜けやすくなることで、太くコシのある髪の毛の量が少なくなっていき、ハゲてしまうのです。ハゲた状態が長期間続くと毛根が休眠状態となり死んでしまうので最終的には髪の毛が生えなくなります。