薄毛の原因の嘘・本当

男性の薄毛の約9割がAGAです。以前はAGAという言葉がありませんでしたので、老化や遺伝にともなう避けようのないものとして考えられていました。現在は、プロペシアなどの飲み薬があります。また、日本では外用発毛剤としてミノキシジル配合の育毛剤が販売されています。薄毛治療に関しては戦前から多くのメーカーが挑戦をしていますが、医学的に効果があるといわれるものが出来たのはわりと最近のことになります。

個人でできる薄毛治療はミノキシジル配合のシャンプーを使用することですが、この方法は初期のAGAにしか効果がないとされています。つまり、ミノキシジル配合の育毛剤に関しては初期ならばメインに使っても問題はないのですが、進行したAGA治療に関しては向かないといえます。あくまで補助的に使用するのが望ましく、メインの治療はプロペシアなどのフィナステリド配合の薬を使用することです。

このフィナステリドですが、ノコギリヤシの成分分析から生まれた薬用成分で、食物サプリメントにノコギリヤシと亜鉛が勧められるのは、これが原因です。亜鉛に関しては必須アミノ酸であり、髪の毛を作る酵素を働かせるために必要不可欠のものです。

また、AGAの治療薬であるプロペシアやミノキシジルが開発される以前は、AGAの原因は男性ホルモンにあるのでは、との考えから男性を去勢して実験をしたら薄毛にならなかったとして、AGAの原因は男性ホルモンのせいという俗説がありました。このため、スケベな男性や毎日自慰行為をする性欲の強い、つまり男性ホルモンの分泌量が有利の男性は禿やすいと考えられていました。現在では男性ホルモンがAGAの直接的な原因ではないとして、これら俗説は否定されています。

さらに、抜け毛が多いとAGAになるというのも俗説です。AGAの人間の抜け毛とAGAではない人間の抜け毛の量自体は変わりません。また人間の精神状態や健康状態によっても抜け毛の量は変わってきますので、抜け毛の量が多いというのも俗説です。

AGAの人は髪の毛が抜けても新しく生えてくる前に、髪の毛が抜けてしまうというヘアサイクルの乱れが原因です。ヘアサイクルに関しては人間の生活サイクルに密接に関係するものです。精神的に追い詰められている状態では抜ける一方で髪の毛は新しく生えてこないのです。AGAに関しては人類が長い期間をかけて、ようやく見つけたハゲに対する治療方法です。俗説を信じて様々な努力をしたとしても、そこまで効果があるとはいえないのです。