ストレスはAGA予防の最大の敵

AGAの4大原因である遺伝や潜在的な男性ホルモンに関しては、自身で改善することはできません。しかしながら、現在は男性ホルモンと5αリダクダーゼⅡ型という酵素が結合してジヒドロテストステロンという酵素がAGAの原因であるとわかっています。

そして、これはプロペシアというAGA治療薬を服用することで改善することが出来るようになりました。つまり、遺伝によるAGAは特別に心配するべき問題とはならないのです。そのため、AGAの大きな原因は、食生活や生活習慣、そしてストレスです。

【ストレスと抜け毛】
ストレスがたまることで抜け毛になる理由ですが、ストレスがたまることによりホルモンバランスが崩れるというのがあります。人間のホルモン分泌に関しては精神が大きな影響を与えることがわかっています。ストレスのためすぎにより、ホルモンバランスが崩れ、円形脱毛症になるといのがいい例です。

ストレスがたまることにより、食生活や生活習慣が乱れたりします。人間は食べ物を噛むことで、脳内に幸福感を高める物質であるセロトニンを分泌させます。つまり過食というのはストレスの手段となります。また、生活習慣ですが、例えば喫煙習慣がある方などは1日に吸うたばこの量が増えることもあります。つまり、ストレスがたまることでAGAの4大原因すべてが関連するので、AGAが悪化する可能性があります。

【ストレスの解消と抜け毛予防】
ストレスの解消法は個人個人で異なりますが、スポーツをおこなうことと睡眠をとることでストレスを緩めることが出来るといわれています。スポーツと睡眠に関しては、発毛効果を高める要因ともなりますので、ストレスの解消がすなわちAGAの解消となりえるのです。

【AGAがストレスの原因なら?】
AGA、つまり自分の生え際がうすくなっている、頭頂部が薄くなっている、または髪の毛のコシや太さがなくなっていることがストレスであるのならば、一度AGA専門のクリニックへ行くことをお勧めします。育毛サロンへ行ったとしても、基本的に医療機関ではありませんので、適切な発毛プログラムの実行、またはプロペシアなどの処方箋を使用することもできません。また場合によっては恐怖心をあおるような発言をするケースもありますので、AGA専門のクリニックの方が有効です。

【まとめ】
ストレスに関しては、人間のホルモンバランスを崩すだけではなく、食生活の悪化、生活習慣の悪化の原因となります。これらはすべてAGAに関係するものなので、ストレスをためないことが、AGA予防となります。